粟国の塩を求めて、沖縄県粟国島へ



塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島


 くがにちんすこう「塩味」や、琉球ぽるぼろんの「沖縄の塩味」に使われている「粟国島の塩」。 ミネラル豊富で、とても美味しい「粟国の塩」が製造されている粟国島へ工場見学に行きました!



塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島


「命は海から」というキャッチフレーズの「粟国の塩」。 そこには、手間を惜しむことなく塩作りを追求した物語がありました。


塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島


「粟国の塩」の製法は、200メートル沖合から汲み上げた海水を、1万6000本の竹が逆さに吊るされた採かんタワー上から流します。汲み上げた海水をなんども竹に流して循環させ、1週間以上かけて塩分濃度約6倍〜7倍に濃縮したかん水を作ります。


塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島


塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

神秘的な、採かんタワー内
涼しく、塩のにおいを柔らかく感じます。



塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島



釜炊き塩



塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島


その後、かん水を平釜で30時間、じっくりと煮詰めます。
10日間昼夜休みなく、水分を蒸発させます。

燃料は、薪を使用します。


塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

炊き上がった塩を脱水し6日〜18日ほどかけて自然乾燥させ、出来上がりです!


 

天日塩


塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

かん水を温室プールで天日により結晶化させます。
夏場で20日、冬場で60日ほどしたら脱水槽に移して自然乾燥させたら出来上がりです!




釜炊き塩も、天日塩もそれぞれ
味、風味が異なります。

くがにちんすこうと、琉球ぽるぼろんには、
釜炊き塩を使っております。

それは、
私たちのお菓子には釜炊き塩がよくあうからです。



海の恵を豊富にあびて
完成した「粟国島の塩」。

手間に手間をかけた塩の味わいは
奥深く、とても美味しくあります。

くがにちんすこう塩味は、
「国産小麦粉」、「国産ラード」、「砂糖」、
そして「粟国島の塩」。
このシンプルな素材で作られております。

上品な甘さの中に
粟国の塩の塩っぱさがアクセントの
「くがにちんすこう塩味」。


 

プチシリーズ袋入り6個入りは、こちらから



塩ちんすこう,粟国の塩,粟国島

プチシリーズ 塩味
 

 

3種類の味が入った詰め合わせもございます



琉球ぽるぼろん,粟国の塩,粟国島

くがにちんすこう はーもにい 中箱




琉球ぽるぼろん塩味




米粉とオリーブオイル、無塩バターを使った幸せを招く「琉球ぽるぼろん」




沖縄の海のミネラルが豊富に入った
お菓子を、どうぞお試しくださいませ。